個別指導塾を選ぶメリット

個別指導塾とは、講師一人に対して3人以下の生徒を指導する形態の塾を指します。学習指導方法などについて、多人数の生徒を指導する集団指導塾とは、多くの違いがあります。ここでは、個別指導塾を選ぶメリットなどを中心に説明します。

塾によっては講師を選べる場合も

生徒によっては指導してもらう際に「同性の方が気軽に話しやすい」、「できるだけ褒めて欲しい」ということもあるでしょう。しかし、集団指導塾では、多くの生徒を一度に指導するので、先生を生徒から選ぶことは…Continue Reading

個別指導塾での学習に適しているかどうかを判断する

集団指導塾の授業についていけないなどの理由で、個別指導塾に切り替えたいと思う子どももいると思います。ここでは、学校の授業における態度などから判断した上で、個別指導塾での勉強に向いている子どものタイプをいくつか紹介します。

自学自習での勉強方法がわからない場合

一人で勉強できるという子もいれば、誰か周りにいないと集中できないまたはやる気が出ないという子もいます。またやる気があったとしても、どのように勉強すればいいのかわからない、苦手な問題が自分では解けな…Continue Reading

学校の授業にはない高度な勉強をしたい場合

個別指導塾のメリット

個別指導塾には大きく分けて2種類存在します。1つは学校授業の復習メインの個別指導塾です。補習の意味合いが強いので、学校の勉強が苦手と感じる人にお薦めで、短時間で苦手を克服できます。 もう1つは個人の志望校合格に向けて指導する先取メインの個別指導塾です。勿論、先取だけでなく、わからない部分はその都度、担当の先生に質問できます。 個別指導塾のメリットとして、100人いれば100通りのカリキュラムが組めます。学校の授業についていけない場合でも、学校の勉強が物足りない場合や、学校の授業だけでは志望校に合格できそうにない場合にも有効です。また、常に先生と対峙しているので、学習に対してのモチベーションを保てる部分においても長けています。

学校の授業内容を先取りできる個別指導塾

例えば国公立大学の医学部医学科を志望した場合、地方の公立高校から進学する人数は1桁程度です。しかし、ある有名中高一貫の高校であれば半分近くの学生が現役で合格していきます。一番の違いは学習カリキュラムの進度にあります。中高一貫の高校であれば、高校2年次には公立高校で3年間かけて学ぶ内容を終えてしまい、最後の1年間を全て入試対策に充てられます。最後の1年間を徹底的に志望校の対策に充てられるのか、そうでないかの違いが大きいのです。 高校によってカリキュラムが違った場合でも個別指導塾であれば、中高一貫と同じスピードで学習できるので、高いレベルの勉強をしたい学生にとっての学習として非常に適しています。また、難易度が上がってもわからなければ常に質問が出来る環境にあるので、穴のない知識を身に着けられるのです。