集団指導塾より高度な学習カリキュラムも組める

生徒の能力を最大限に引き出せる個別指導

学習塾を選ぶ際、個別指導がいいのか集団指導がいいのか、迷ってしまいますよね。一般的に集団指導塾では、クラスの中で中位レベルの生徒に照準を合わせて授業が行われます。そのため下位レベルの生徒にはついていくのが大変ですし、上位レベルの生徒には物足りない授業になりがちです。集団指導におけるこうしたミスマッチを避けたいなら、個別指導を選ぶのがいいでしょう。個別指導なら成績が上位であれ下位であれ、生徒本人の実力に合わせたカリキュラムを組むことが可能です。生徒にとっても、友だちや他校の生徒の目を気にすることなく自分の課題に取り組めるので、能力を最大限に伸ばすことができるでしょう。先生が一人ひとりの生徒のことをよく見ていて、的確なアドバイスをしてくれるのも個別指導のメリットです。

基礎から難問まで自在に組めるカリキュラム

個別指導塾では、ある程度標準的なカリキュラムを用意しているケースもありますが、そういう場合でも、細部は担当の先生の裁量に任されています。基礎力が弱い生徒であれば基礎の指導や練習を手厚くし、応用力が足りない生徒には、解き方のパターンを教えて徹底的に応用力を鍛えます。難関校を目指している生徒には、入試問題や質の良い難問を与えて学力アップを図ることも可能です。生徒の実力の伸び方に応じて柔軟に指導内容を決められるのは、個別指導ならではの強みでしょう。夏期講習や冬期講習などでは、短期間でまとまった授業が行えることもあり、苦手科目や不得意な分野を克服するには最適です。あらかじめ担当の先生に、克服したい内容や詳しく学びたいことなどを伝えておくと、カリキュラムに反映してくれるでしょう。

© Copyright Advantages Of Private Tutoring School All rights reserved