学校の授業などにおいて質問の仕方がわからない場合

子供ひとりひとりで適した学習環境が違う

明るい子やおとなしい子など性格の違いがあるように、子供にはそれぞれ性格によって適した学習環境というものが違ってきます。明るく活発で、人と競うことを楽しめる子供でなら集団塾や学校という環境はもっとも学習に集中できる環境と言えます。しかし逆におとなしい子や、人と競う事が苦手な子の場合は学校や集団塾は周りの同級生の存在は焦りの素となって集中を妨げてしまいます。特によく見られるのが学校での授業中、わからない所を質問できずにわからないままにしてしまう性格の子供です。もし家で勉強を見てあげることがあれば、その子があなたに質問をしてくる事があるかどうかを気にしておきましょう。もし我が子がわからない所を質問してきて理解し目の前では勉強がスムーズに進むのに、なぜか学校でのテストの成績が良くない場合は、学校では質問ができていない可能性が高いからです。

こんな子は個別指導塾向きの可能性あり

学校という集団生活でなかなか学力が伸びない子は個別指導塾のようなマンツーマンの環境の方が学習に適している可能性が高いと言えます。主に個別指導塾に向くタイプの子供は、たとえ活発な子でも人見知りをするような子や、普段から控えめで自己主張が苦手な子などです。集団だと周囲の目を気にしてできない質問も、1対1であれば自由にできるからです。また宿題などをなかなかやれない子も個別指導塾向きと言えます。宿題をできないのは誰かの目が無いとやる気を出せないタイプであることが多く、個別指導塾向きでなら常に注目されているので手を抜けないからです。人に関心を持ってもらったり、注目されることでやる気が出るというタイプの子もいるので意外と勉強が辛いという意識が付かないケースも多く、早めに個性に合った学習環境に入れてあげる事が肝要です。

© Copyright Advantages Of Private Tutoring School All rights reserved